ハゲは遺伝ではない!

基本的に髪は正しい手入れ、すなわち良い成分のシャンプーと
コンディショナーを使用して、正しい方法でシャンプーすれば、
十分に美しい髪を保つことができます。

多少の時間はかかっても、髪は回復するので、あまり余計な
ことはしないほうがいいのです。

ハゲは遺伝する、という風説が根強くありますが、遺伝はしません。

たとえば父親がハゲていることを気にして、若いときから
予防のためと称してまだ必要がない育毛剤を使用する人がいます。

これは、かえって頭皮に過度の負担や刺激を与えて、
逆効果になってしまいます。

髪の手入れの基本は頭皮を清潔に、また健康に保つことです。

加齢とともに、脱毛が気になったり、なんらかのトラブルが
発生したときに、育毛剤の使用を考えればよいのです。


脱毛の要因のひとつ「薬害」

脱毛の要因は、しばらく前は、シャンプーのしすぎなどによる
頭皮表面のトラブルが一番多かったのですが、このごろは「薬害」
によるものが増えているようです。

では「薬害」とは、どんなものでしょうか?

放射線治療や、抗がん剤の副作用で髪が抜ける、というのは
よく知られています。

それ以外の薬でも、抗炎症剤や塗り薬などで、脱毛現象が現れること
があります。
体内に取り込まれて、汗や大小便で排出されなかった老廃物は、
髪の毛に含まれて排出されますが、老廃物が多くなると
髪の毛を作る細胞の働きが弱くなって、脱毛が始まるのです。

塗り薬の場合、アトピー用のステロイド剤などを長く使用して
いると、薬剤の残留成分である老廃物が頭皮下に溜まり、これが
原因で脱毛が始まります。

この溜まった老廃物を除去しないと、脱毛が進行してしまう
ことになります。

子どもの頃にこうした塗り薬を使ったことがある、という場合
は、一度頭皮の状態を診断してもらうといいでしょう。


また、サプリメントも、脱毛の原因となることがあります。
これは、健康のために、特定の成分を摂り過ぎてしまうことから
排出しきれなかったものが頭皮下に溜まってしまうからです。
老廃物が溜まってしまう、という点では、薬の場合とまったく
同じです。

過度に摂取することがないように注意しなければなりません。


サプリメントを何種類も摂っている人がいます。
どのような成分が含まれているのか、特定の成分が重複して
いないか、確認してみましょう。

また老廃物の除去のためには、
代謝を良くすることが大切です。


入浴中のマッサージで血流をよくする(頭皮のマッサージも忘れずに)
適度な運動をする(ウォーキングなど)
水分を摂る、
などです。

髪の毛もそうですが、ヒトの細胞はそれぞれのサイクルで
生成され排出されてまた生成されます。


そういうサイクルを妨げない生活環境を作りたいものです。

円形脱毛症

円形脱毛症のような「急性脱毛」は、非常に強いストレスで
血管が急激に収縮してしまうために毛根部分から離れて、
毛根への栄養補給が完全に絶たれてしまうことから現れる「一時的な」
現象です。


強いストレスによる脱毛は、ストレスが解消されると同時に、
血管の収縮も解消するので、髪は比較的早く蘇生します。

放っておいても、3ヶ月ほどで回復します。

「円形脱毛症」のような急性脱毛は、強いストレスを受けてから
約1ヶ月後〜3ヶ月後にあらわれます。

これは、毛根への栄養補給が途絶えても、栄養分が「毛乳頭」と
いわれるところに蓄えられて、しばらくはこの栄養で髪が育つ
からなのです。

そのため、実際に髪が抜ける頃には、ストレスを指摘されても
本人が思い至らないことが多いのです。

そういう人は、自分はストレスなど感じていないと信じ込んで
いることが多く、円形脱毛症を発見して、
「自分はストレスに弱いのかもしれない」と思うことが逆に
ストレスになって、脱毛をひどくさせることがあります。

しかしながら、
円形脱毛は、強いストレスを感じたことを本人に知らせるため
のヒトの体のシステムと考えれば、それほど深刻に考えなくても
いいと思われます。



円形脱毛は、必ず治るものなので、慌てて必要以上の手入れを
してはいけません。


刺激の無い無添加のシャンプーを使う。
頭皮のマッサージをする。

どうしても気になるときは
育毛剤を使ったマッサージをします。


おすすめの育毛剤はこちらです。

男性にも女性にもおすすめ。
30日間の返金保証もついています。


チャップアップ(CHAPUP)












慢性ストレスと脱毛

ストレスが原因で髪が薄くなってしまうことはあります。

人は強いストレスを受けると、交感神経が過剰に働いて、血管を
収縮させてしまいます。
頭皮の毛細血管も、ストレスの影響で収縮してしまうので、
髪を作り出す毛細血管への栄養補給が滞りがちになってしまいます。

しかも、慢性的にストレスを感じていると、そのたびに毛細血管が
縮んでしまうので、毛根への栄養が届きにくくなります。

それで髪の毛が細くなったり、抜けたりして、徐々に薄毛が進行するのです。

AGA「男性型脱毛症」の原因のひとつにも、
また女性の脱毛症の原因にも、
かならずでてくるのが「ストレス」です。

職場で、家庭で、あるいは学校で、様々なストレスにさらされて
いるのが現代人です。


ストレスがなくなれば、髪は徐々にもとの状態に回復しますが、
ストレスを受ける環境から抜け出せない場合は、年齢に関係なく、
育毛剤の力を借りて、毛細血管への栄養補給を行う必要があります。


ただし、育毛剤は、刺激や血管の拡張によって、一時的に血流をよく
するようなものではなく、『栄養補給』を目的にして作られたものを
選ぶようにしましょう。


育毛剤はこちらがおすすめです。



チャップアップ(CHAPUP)



男性だけでなく女性にも好評です。
もちろん無添加、30日間返金保証付で試せます。




また「栄養補給」ならこちらのサプリメント。

育毛サプリ【BOSTON】


こちらは今、評判のサプリです。
髪に大切なイソフラボンと亜鉛もちろん含まれています。










シャンプーの方法

洗浄力の強いシャンプーを使用したり、シャンプーをつけた
「こすり洗い」の時間が長くなると、頭皮の保護機能が働いて、
皮脂の分泌量が多くなります。

そうすると、さらに洗浄力の強いシャンプーを使って時間をかけて
洗うようになり、皮脂の分泌量がますます多くなる、という悪循環に
陥ってしまいます。

このまま悪循環が続くと、頭皮に湿疹ができ、湿疹が頭皮下に及んで、
やがて脱毛の原因になってしまうのです。

シャンプーは、肌に良い成分でできたシャンプーを使い、1回の
洗髪時間は30秒以内にしてみましょう。

もちろん、シャンプーは1日1回で十分です。

爪を立てて洗ったり、ブラシを使って洗ってはいけません。
頭皮を傷つけてしまいます。

爪を立てないようにして、指の腹で、頭皮全体をやや強め
に洗います。
このとき、毛細血管をもみほぐして血流を促す意識を持ちましょう。
こすり洗う時間は、30秒以内にします。

ゴシゴシと洗う気持で洗います。
揉むように、ゆるく洗ってはいけません。洗い残しが生じるので、
フケや痒みのもとになってしまいます。

また、殺菌効果のあるシャンプーを使ってはいけません。
皮膚を守っている常在菌が弱って、雑菌が繁殖します。


シャンプーのあとは、良質のコンディショナーで、髪と頭皮の状態を
整えます。

洗顔のあとに、乳液や化粧水で肌を整えるのと同じですね。

また、髪の毛だけを洗うのも避けましょう。
キューティクルを傷つけてしまいます。

刺激の少ない、質のよいシャンプーとコンディショナーを選ぶことが
一番大切です。



皮脂の役割

「皮脂」は頭皮や髪の毛にひろがって「皮脂膜」を形成します。

この「皮脂膜」は「保護膜」ともいわれ、皮膚を乾燥から守り、
細菌からも守っているのです。



皮脂は、なくてはならないものですが、時間がたつと徐々に
酸化して、粘着力をもつようになります。



こうなると、チリやホコリがつきやすくなり、「汚れ」に変わって
ゆくのです。

この「汚れ」をちゃんと落とさずにいると、酸化した皮脂と角質、
チリやホコリが積み重なって、「フケ」となってしまいます。



この「フケ」が脱毛の原因になります。

シャンプーを数日おきにしかしないと、かゆみが出て、これを
無意識に掻いてしまうと、頭皮が傷ついて、結果として脱毛が
進行することになるのです。



したがって、その日の汚れは、その日に落とすようにすれば
髪と頭皮にはトラブルがないまま過ごせるのです。


ただし、使用するシャンプーとコンディショナーは、くれぐれも
いいものを使うようにしましょう。

また、洗髪の方法も注意が必要です。
何度も言いますが、指の腹で頭皮を丁に洗います。
爪でゴシゴシしてはいけません。
シャンプーは手で泡立ててから使います。
しっかりと流します。


朝晩に頭皮のマッサージをします。
1分程度でいので、習慣にしたいですね。


ケラチン〜髪と肌のたんぱく質〜

髪と肌は、どちらも同じ「ケラチン」というたんぱく質を主体にして
できています。
頭皮と毛穴の部分は、柔らかいケラチン(軟ケラチン)で、髪は脳を
守るために硬いケラチン(硬質ケラチン)でできています。

肌は、表皮と真皮に分かれますが、表皮の一番下の細胞が毎日ひとつの
細胞を作ります。この細胞はだいたい14日後に角質に変わります。
この角質は、レンガを組み合わせたような形で14層になって肌を守り
ます。

肌や頭皮に化粧品や育毛剤などを塗布すると、この角質のバリアーに
守られて、肌に良い部分だけがバリアーを通過して肌に吸収されます。

気をつけなければいけないのは、刺激の強い化粧品や育毛剤を使う
と、このバリアー機能を破って、皮下にその成分が浸透してしまう
ことです。

頭皮の場合も、刺激性のある育毛剤を使うと、肌荒れを引き起こす
可能性があります。この刺激に対抗して頭皮が厚く固くなって
しまうと、新毛が生えにくくなるのです。

また、洗顔の場合もそうですが、一番上の角質のみを洗い流すように、
上質な石鹸を泡立てて、軽くこすり、洗い流します。ゴシゴシこすって
はいけません。

頭皮も、良質のシャンプーを使って、汚れのみを洗い流すようにします。
指の腹で頭皮全体を大きくこすり洗うだけで、頭皮表面の汚れが落とせる
のです。
爪を立てたり、必要以上に長く洗ってはいけません。
洗髪後には、コンディショナーを使って髪を保護するようにします。

このように肌や髪には、生来備わったガード機能があります。
それをわざわざ傷つけるようなことはやめましょう。


シャンプーを無添加のものに変えてみる、
シャンプーの方法を変えてみる、
しっかり洗い流す。

まずはここから変えていきましょう。





髪の基礎知識

まずは、「髪」に関する基礎知識を整理してみましょう。

母親の胎内にいるときから、血流によって運ばれた栄養が
髪の毛を作り出します。
「毛穴」の底で髪の毛が作られ、どんどん上に押し出されます。
やがて頭皮表面から押し出され、髪の毛となってゆきます。
髪の毛は約10万本作られます。


人は生きている限り、繰り返し髪の毛は作られて、髪の毛がなくなって
しまう、というのは本来ならありえないことなのです。

○ 髪の役割

髪には3つの大事な役割があります。
それは、
(@)排泄の役割
頭皮の下に集まった体内の老廃物は、髪に取り込まれ、体外に運び出されます。
そのために髪は伸び続けるのです。

(A)保温の役割
10万本の髪が、夏は直射日光をさえぎり、冬は寒さから脳を
守ってくれるのです。

(B)クッションの役割
脳は特に大切な臓器なので、頭蓋骨に覆われています。
約10万本の髪は、1本1本の表皮がキューティクルで覆われています。
このキューティクルは、バリアーの役目をして髪の毛の内部を外部の
刺激から守るとともに、髪の水分を保持する役割を果たしています。

このキューティクルで固められた髪は、非常に丈夫なもので、
強靭なものです。
これが、頭蓋骨の上の頭皮にあって、互いの間に空気をとどめ、
保温の役割とともに、脳を衝撃から守るクッションの役割も果たしています。

○ 酸素と栄養素

単純に「酸素」と「栄養素」があれば、髪は育ちます。
酸素は頭皮の呼吸と毛細血管でまかなわれ、栄養素も毛細血管を通して
まかなわれます。
頭皮の状態と毛細血管に異常がなければ、髪は自然に育つのです。

○ 抜けて当たり前

髪には体内の老廃物を出すために、人が生きている限り、作り続けられ
伸びていきます。
ただ、髪には寿命があり、だいたい腰のあたりまで伸びると、
自然に抜け落ちるようになっているのです。
ショートヘアの場合でも、髪が腰のあたりまで伸びる時間がたつと
抜け落ちます。
したがって『抜け毛』が発生するのは自然なことなのです。
寿命がきた髪が抜け落ちると同時に新しい髪が生えるしくみになって
いるのです。
この髪の生え変わる周期を「毛周期」といいます。
髪の伸びる早さには個人差があり、(腰の長さになるのに)早い人で5年、
遅い人では10年といわれているそうです。



このように、髪には成長し、やがて抜け落ちて、また生えるという
ヘアサイクルがあって、1本1本に時差がありますから、一日に100本
程度は普通の抜け毛です。
髪のためには、酸素と栄養素が大切で、それは毛細血管によって
運ばれていますから、頭皮の血流を良好に保つことが大事なのです。

髪が成長しきらないうちに抜けてしまうのがAGAです。
その原因が、男性ホルモンや、ストレスや、食生活などです。
より直接的には髪に十分に栄養や酸素が行き渡らないこと。

ですから予防のためにも頭皮を健康に保つことが大事なのです。

正しいシャンプーとマッサージ。
これですね。

気になってきたら、セルフケアでなんとかなるうちに始めましょう。

男女ともにおすすめなのはこちら。

こちらは20代から年配の人までおすすめできる育毛剤です。

チャップアップ(CHAPUP)


もちろん無添加、30日間返金保証付で試せます。

女性専用なら90日間返金保証つきのこちら。

無添加育毛剤マイナチュレ

メールや電話での相談もできます。





女性の脱毛症の種類

女性の脱毛症には、「びまん性脱毛症」のほかに、
次のようなものがあります。
円形脱毛症

老若男女を問わず誰でも発症する可能性がある脱毛症です。
小さなものは自然治癒することが多いですが、大きなものは早めに
治療しましょう。

牽引性脱毛症

長期に渡って髪を引っ張ることで起きます。
いつも同じ分け目だったり、いつもポニーテールにしていると
髪に継続的に負担がかかり、毛根がダメージを受けます。
生え際や分け目が薄くなったりしますから、ヘアスタイルをときどき
変えるなどしましょう。

分娩後脱毛症

妊娠中から出産後にかけてホルモンのバランスが崩れて、一時的に
抜け毛が増えることがあります。
通常は自然治癒します。

粃糠性脱毛症

乾燥したフケが毛穴を塞ぐことで頭皮に炎症を起こします。
髪の成長が邪魔されて起きる脱毛症です。
シャンプーの過多、不十分なすすぎ、パーマやカラーの刺激も
原因になります。


脂漏性脱毛症

過度の脂質が毛穴をふさいで頭皮が炎症を起こします。
皮脂の分泌異常が原因です。

気になったら早めに対処することが一番です。





AGAとは何か?

「AGA」という言葉を聞いたことがありますか?
このサイトにいらっしゃったということは、もちろん知っていらっしゃると
いうことでしょう。

「AGA」というのは 『男性型脱毛症』のことですね。

これはいろいろある脱毛タイプのひとつなのです。 

若い男性に見られる脱毛タイプで、男性ホルモン(テストステロン)が
関係していると考えられています。そのほか、ストレスや生活習慣、遺伝
なども原因とされています。

一般的な症状としては、髪の生え際や、頭頂部が薄くなって脱毛(薄毛)が
進行していきます。
 
発症年齢や進行の早さは人によって差があり、進行を抑えて育毛に導くのが
AGA治療になります。

男性ホルモンのテストステロンが、5aリダクターゼという酵素によって
ジヒドロテストステロンというホルモンに変換されてこれが髪の成長を
抑制してしまうと言われています。
これが「AGA」の原因ですが、同時に「ヘアサイクル」の乱れも大きな
要因なのです。

通常は成長した髪の毛が(長くて固い髪の毛)が一日100本程度抜けますが、
まだ成長しきっていない柔らかくて短い髪の毛が大量に抜けてしまうのです。

髪には成長期と、退行期、休止期があります。これがヘアサイクルで、
だいたい3〜5年の期間になります。
髪は一本一本ヘアサイクルが異なり、抜け落ちる時期がずれるために、
一度にまとめて抜けることはありません。

ですから成長していない短い毛が抜け始めたら要注意です。
薄毛の始まりと考えられます。

AGAは、加齢による薄毛とは違います。

早期に治療を始めれば、脱毛の予防、育毛発毛の目に見える効果
をあげることができます。

チャップアップ(CHAPUP)

こちらは30日間返金保証付の育毛剤です。

無添加で安心して使えます。






若い男女の薄毛抜け毛の原因と対策

加齢による薄毛抜け毛は、老化現象ですから、人によって
多少の差はあってもいつか来るものです。

しかし、まだ20代で薄毛抜け毛で悩む人が増えているのは、
ほかに原因があるのです。

一番は、生活習慣です。

つまりは寝不足、栄養バランスの悪い食事(コンビニ弁当やファーストフード)
シャンプーの仕方と使うシャンプーの間違いなどもあります。

若い女性なら「ダイエット」

ストレスも原因になります。

シャンプーなら「ラウリル」「硫酸」がつく成分が入っているものは
やめましょう。これは石油系合成界面活性剤のひとつです。
洗浄力が強すぎて必要な脂質まで取りすぎてしまい、かつ皮膚に残って
毛根に悪影響を及ぼすこともあります。

シャンプーの方法も力を入れてゴシゴシではなく、頭皮を丁寧に
洗います。爪をたててはいけません。頭皮が傷ついてしまいます。

シャンプー・リンスはしっかり洗い流します。
できれば朝晩に頭皮マッサージをして頭皮の血行をよくしましょう。

しっかりと睡眠をとり、栄養のある食事をし、ストレスをためないように
リラックスしてお茶を飲むといいですよ。

タバコはやめましょう。
ニコチンは血流を悪くして頭皮に栄養を送るのを妨げ、薄毛抜け毛の原因に
なります。

適度な運動をして、頭皮だけでなく全身の血行をよくして
新陳代謝を活発にしましょう。

育毛剤の使用も考えてみましょう。

こちらは20代から年配の人までおすすめできる育毛剤です。

チャップアップ(CHAPUP)

男性だけでなく女性にも好評です。

もちろん無添加、30日間返金保証付で試せます。




年齢とともに髪は細くなります。

皮膚がターンオーバーによって生まれ変わっているように、
髪も一定期間伸びたあとは自然に抜け落ち、新しく生え変わります。

だいたい2〜6年の周期で、成長期、退行期、休止期という流れを
繰り返していて、これをヘアサイクルといいます。

若い時は、髪の90%位が成長期ですが、年齢とともに成長期の髪が減り、
退行期や休止期にあたる髪が増えてきます。

男性は20代、女性は30代をピークに成長期が短くなるので、髪全体が
細くまばらになってきます。

これが髪の「老化現象」で避けることはできません。

ただ、同じ年齢でも、髪が薄くなり易い人と、薄くなりにくい人が
います。
薄毛や抜け毛は男女ともに共通な悩みですが、その進行には男性ホルモン
が強く関わっているのです。

男性ホルモンは髪については成長を抑える働きをすることが分かって
います。
男性ホルモンが増えると、成長期の髪が減り、退行期、休止期の髪が
多くなって、髪が細くなったり伸びなくなるのです。

男性ホルモンが原因になるために「男性型脱毛症」といっています。

男性の場合、症状が前頭部と頭頂部に集中します。

女性も男性ホルモンが原因で髪が薄くなりますが、これは閉経期
に女性ホルモンが減少するからです。
女性の場合は主に頭頂部に症状があらわれます。

男女ともに髪の悩みは加齢や遺伝に関わっています。
毎日の髪のケアが非常に大切なのですが、まずは髪をつくる「毛母細胞」
の分裂・増殖のスピードを早めるために、栄養バランスのとれた食事を
心がけることです。

女性の場合、女性ホルモンの働きを助けるイソフラボンを含む大豆
などを摂るようにするとよいでしょう。

また、シャンプーのときには、爪を立てて洗わないこと、乾かす時に
ドライヤーの熱風を近づけすぎないことに注意します。

薄毛に悩む女性のために、ヘアサイクルを正常に戻し、髪に栄養を
与える無添加育毛剤がこちらです。

無添加育毛剤マイナチュレ

90日間の返金保証が付いていますから、安心して試すことが
できます。








シャンプーで髪が抜ける・・女性の薄毛抜け毛の原因

シャンプーしていてどうも最近抜け毛が多いと気にする人が
増えています。

夏から秋にかけて「抜け毛」が増える季節であるのは確か
なのです。

その原因は、まず夏の紫外線

頭皮が紫外線によってダメージを受けて皮膚の老化がすすむため
に抜け毛、薄毛、白髪の原因になるのです。

さらに頭皮の乾燥

女性の抜け毛の原因のほとんどはこの「頭皮の乾燥」と言われて
います。
乾燥した頭皮の内部に細菌などが侵入するとかゆみや炎症の原因
になって、頭皮が不健康になります。
それにつれてヘアサイクルが乱れ、脱毛につながるのです。
男性も女性も、頭皮の乾燥は抜け毛につながります。

ストレス

過度なストレスが薄毛抜け毛につながることは、医学的にも
あきらかになっています。

働く女性が増えて、仕事や人間関係でストレスを感じることが
多くなり、若い人でも抜け毛を気にする人が増えています。

ダイエット

体重が減ることで抜け毛が増えたり、無月経になることが
あります。これは「食事制限」によって過度なダイエットを
するのが原因です。


このような原因によって髪の分け目あたりが薄くなったり、
抜け毛で頭髪全体が薄くなったりしてしまうのです。

また女性にとってはストレスによるホルモンバランスの乱れも
抜け毛の原因になります。
年齢からくるホルモンバランスの乱れもそうです。

こうした女性の髪の悩みに応えくれるのが、無添加の女性向け
育毛剤です。
朝晩1分間、頭皮につけてマッサージするだけ。
なんと90日間の返金保証がついているので、安心して試すことが
できます。
こちら。

無添加育毛剤マイナチュレ

メールや電話での相談もできます。







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。