女性の薄毛は頭頂部の観察から!

40代になると「薄毛」に悩む女性が増えてきます。

髪そのものが痩せてほそくなったりして全体に薄毛なるのが

「びまん性脱毛症」という女性特有の脱毛です。

これは頭頂部を観察することで、発見できます。

なかなか自分の頭頂部なんて見ませんよね。

合わせ鏡で、一ヶ月に一度くらい、頭頂部を観察してみましょう。


それで「薄毛」の早期発見ができれば、手当も早くできます。

早めに対処するのが一番の手当なのです。


具体的には

@ 睡眠をとる。・・・特に22時〜2時の時間にできるだけ
        睡眠をとりましょう。この時間が頭皮の
        毛母細胞が生まれ変わるのに一番大事な時間
        なのです。

A シャンプーは「アミノ酸」系のものを使います。

B バランスの良い食事。・・・・特にイソフラボンを含む大豆製品で
         タンパク質をしっかり摂取します。
         ビタミン、ミネラルも必要です。


今、多くの人がサプリメントで必要な成分を摂ろうと
しています。
結果として、特定の成分の過剰摂取になりがちです。

できれば、サプリメントも厳選して慎重に選びたいものです。

育毛にも美容にもよいサプリメントがこちらです。

無添加育毛剤の「マイナチュレ」のオールインワンサプリです。


無添加育毛サプリ









若い女性の場合

若い女性の場合に多いのは、
頭皮の荒れ、トラブル、疾患などが、結果的に薄毛や脱毛に
つながっているケースです。

毛穴まわりのフケ、アブラから起こる細菌性の炎症(脂漏性皮膚炎)、
ヘアケア用品(シャンプー、リンス、トリートメント、カラーリング、
パーマなど)が合わずに頭皮を荒らしてしまった(接触性皮膚炎)
また、過剰なストレスが原因の場合もあります。

できるだけ刺激の少ないシャンプーを使い、頭皮を傷つけないように
注意することで、頭皮の状態は改善されます。

不適切なダイエットも、ミネラルの不足などから、脱毛につながる
ことがあります。

また、出産後の一時的な脱毛もあります。
妊娠中は、出産準備のために分泌されるエストロゲンなどの女性ホルモン
によって妊婦の髪の毛は成長期が維持され、抜け毛も少なくなります。

しかし、出産後は、ホルモンバランスが正常に戻るので、成長期が維持
されていた髪の毛がいっせいに休止期に入ってしまうため一時的に抜け毛が
多くなり、髪の毛が薄くなることがあるのです。

これは、だいたいその後3〜4ヶ月すると徐々に回復しはじめます。

こういった原因以外にも、卵巣機能の低下や「若年性更年期障害」など
で女性ホルモンが減少し、相対的に男性ホルモンの影響が強まって、脱毛が
起こることがあります。

月経不順、無月経、不正出血、発汗、ほてり、冷え、イライラなど
更年期の症状に似た症状があるときは、まず婦人科を受診して、そちらの
治療を先にしましょう。

甲状腺異常や、パセドウ病、鉄欠乏性貧血などの病気から脱毛が起こる
こともこともあります。
この場合、もちろん、まず病気の治療が優先されます。
健康体になることが第一です。

「トリコチロマニア」といって、自分の毛髪や眉毛などを無意識に
抜いてしまう場合もあります。小学生くらいの女子にみられるのですが、
思春期や20代30代にも、この症状があるようです。
一種の自己防衛方法と考えられます。
心理的な要因を突き止めることが大事ですから、精神科を受診するのが
いいでしょう。

女性の薄毛

薄毛、脱毛に悩む女性が増えているようです。

多いのは40代50代で、更年期とその前後にあたる年齢の
人たちです。加齢による脱毛に加えて、更年期の心身の変化や
トラブルが関係していることもあります。

20代の若い女性の場合は、ストレス、睡眠不足、偏った栄養など
の生活面での問題、甲状腺機能障害や貧血からくる脱毛など、
原因はさまざまです。


男性の場合、ある程度は加齢による薄毛は仕方がない、と
受け止める人も多いのですが、女性はそうはいきません。

「髪は女の命」というくらいですから、
薄毛、脱毛が目立ってきたときの心理的な葛藤、フラストレーション
は大きいものがあります。

このような場合、自分で判断したり、対処することは難しいので
専門家(皮膚科などの医療機関)にまず相談するべきでしょう。

産後の脱毛

女性だけに見られる「産後の脱毛」

これは、出産にともなう急激で強烈なストレスによる一時的な
脱毛と考えられます。

出産時の痛みに長時間耐えて、さらに出産直後から育児が
始まるのです。

2〜3時間おきの授乳、おむつ換えなど、待ったなしです。

さらに、家族の食事、洗濯、掃除などもあります。

出産によるストレスだけなら、2〜3ヶ月で自然に解消されますが、
その後の育児に対するストレスなども重なるために、
脱毛が進んでしまうことがあります。


あまり無理をせず、家族に協力してもらって、クヨクヨ思い悩まない
ことが一番の対策です。

自然に放置しておけば、やがて回復するのですから。


そうは言っても
女性にとって髪はやはり「命」
・・・・まあそれに近いものですから、どうしても気になります。

こちらは女性専用の育毛剤です。


ヘアサイクルを正常に戻し、
髪に栄養を与える無添加育毛剤がこちらです。


無添加育毛剤マイナチュレ



90日間の返金保証が付いていますから、安心して試すことが
できます。








びまん性脱毛症

女性に多いのが「びまん性脱毛症」です。

これは部分的にではなく全体的に毛髪が薄くなるので、
目に見える症状が出るまでに徐々に進行します。

気づきにくいために、悪化してしまうことが多いのです。

男性の「AGA」に対して「女性男性型脱毛症(FAGA)」とも言われます。

頭髪全体が薄くなるために、

◎ 髪のボリュームが減ってきた。
◎ 地肌が目立つ。
◎ 髪が細くなってきた。
◎ 髪の毛のコシがなくなってきた。
◎ 抜け毛が増える。
◎ ツヤがなくなる。

といったことが目立ってきます。

更年期ごろに症状が出るので、老化現象と思いがちですが、
そうではないのです。

原因さえ取り除けば「びまん性脱毛症」は改善できるのです。

原因というのは、

◎ ホルモンバランスの乱れ。
  コラーゲンや皮脂の減少による頭皮の乾燥。
◎ 出産やピルの利用。
◎ ストレス
◎ ヘアケアの間違い

などです。

原因を見極めて取り除き、生活習慣、食生活、運動などに
重点をおいて、育毛剤などを利用して頭皮のケアをしましょう。


女性専用の育毛剤としては、こちらがおすすめです。

無添加育毛剤マイナチュレ

90日間の返金保証つきで安心です。






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。