睡眠・食事など

前にも述べましたように、生活状況と髪の毛は、さまざまに
係っています。

睡眠時間が5時間を切ってくると髪の毛に影響がでる、という
医師もいます。

仕事でなかなか睡眠がとれないときもあるでしょうが、そういうときは、
せめて食事をきちんと摂りましょう。
偏った食事にならないように、同じものを摂り続けるのは避けて、
魚介、豆類、卵など、また野菜、果物、海藻類なども、
まんべんなく食べるように心がけましょう。

食事や睡眠が十分に改善できないようなら、サプリメントを使う
のもいいでしょう。

特に、ビタミンB類、ビタミンC,ビタミンE、ビオチン(ビタミンH)
葉酸などのビタミン類。
亜鉛、鉄、銅、マグネシウムなどのミネラル類を重視します。

こちらが、おすすめのサプリメントです。


育毛サプリ【BOSTON】

こちらは今、評判のサプリです。

イソフラボンと亜鉛も含まれています。



こうして、ビタミン類やミネラルを10ヶ月以上摂取して、順調に
髪の状況が改善した例も多いのです。

また、喫煙は、抹消神経を収縮させ、毛根の周囲の血流を悪くする
恐れがあります。

髪の毛の悩みがある方は、特に、できるだけ禁煙してほしいものです。
すぐには禁煙に至らなくても、せめて一日に5本程度には減らして
ほしいと思います。

過度のストレスが、脱毛に繋がることもあります。
精神的なストレス、不規則な生活などからくる身体的なストレスに
より、自律神経のバランスが崩れて血管が収縮し、血行や栄養の
供給が悪くなり、頭皮の状態の悪化や脱毛を引き起こすのでは
ないかと考えられます。







この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。