ミノキシジルの使用

シャンプーをよいものに変える、頭皮のケアをする、
そのほか、生活のリズムを正しくする、酒、タバコを控える、
といったことのほかに、より積極的な対応として、
「育毛剤」の使用があります。

「ミノキシジル」はもともとは血圧を下げる薬だったのですが、
副作用として、全身の体毛が増えるということがあり、むしろ
そこに注目されました。

市販薬「リアップ」の主成分でもあります。

お医者さんでは、もちろん「塗り薬」としても使われますが、
「飲み薬」としても使われます。

「塗り薬」として使われる場合は、濃度は濃いこともあって
頭皮を荒らすことがありますから、慎重に使います。

また、「飲み薬」として使うときには、もともとが血圧降下剤
として作られたので、血圧がある程度下がるという副作用が
あります。また、体毛が増えることもあります。

ミノキシジルを使用すると、髪の毛が太く長くなる効果があるのに
加えて、休止期の毛根が成長期に移行して、新しい毛が生えてくる
ことがあります。

どちらかといえば、頭頂部の薄毛に効果的といわれている
ようです。しかし「数年」というレベルで使用すると、前頭部の
薄毛にも効果があるようです。

ただし、育毛剤に頼る、というのではなく、食生活、睡眠、頭皮ケア
ストレスの軽減など、全般にわたる改善を考える必要があります。

医師と相談しながら、経過を観察しつつ、より効果的な方法を
考えてゆくべきでしょう。




この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。