若い女性の場合

若い女性の場合に多いのは、
頭皮の荒れ、トラブル、疾患などが、結果的に薄毛や脱毛に
つながっているケースです。

毛穴まわりのフケ、アブラから起こる細菌性の炎症(脂漏性皮膚炎)、
ヘアケア用品(シャンプー、リンス、トリートメント、カラーリング、
パーマなど)が合わずに頭皮を荒らしてしまった(接触性皮膚炎)
また、過剰なストレスが原因の場合もあります。

できるだけ刺激の少ないシャンプーを使い、頭皮を傷つけないように
注意することで、頭皮の状態は改善されます。

不適切なダイエットも、ミネラルの不足などから、脱毛につながる
ことがあります。

また、出産後の一時的な脱毛もあります。
妊娠中は、出産準備のために分泌されるエストロゲンなどの女性ホルモン
によって妊婦の髪の毛は成長期が維持され、抜け毛も少なくなります。

しかし、出産後は、ホルモンバランスが正常に戻るので、成長期が維持
されていた髪の毛がいっせいに休止期に入ってしまうため一時的に抜け毛が
多くなり、髪の毛が薄くなることがあるのです。

これは、だいたいその後3〜4ヶ月すると徐々に回復しはじめます。

こういった原因以外にも、卵巣機能の低下や「若年性更年期障害」など
で女性ホルモンが減少し、相対的に男性ホルモンの影響が強まって、脱毛が
起こることがあります。

月経不順、無月経、不正出血、発汗、ほてり、冷え、イライラなど
更年期の症状に似た症状があるときは、まず婦人科を受診して、そちらの
治療を先にしましょう。

甲状腺異常や、パセドウ病、鉄欠乏性貧血などの病気から脱毛が起こる
こともこともあります。
この場合、もちろん、まず病気の治療が優先されます。
健康体になることが第一です。

「トリコチロマニア」といって、自分の毛髪や眉毛などを無意識に
抜いてしまう場合もあります。小学生くらいの女子にみられるのですが、
思春期や20代30代にも、この症状があるようです。
一種の自己防衛方法と考えられます。
心理的な要因を突き止めることが大事ですから、精神科を受診するのが
いいでしょう。




この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。